明治四年創業
一四七年の長い歴史をもつ酒蔵
山田酒造

清酒銘柄「醉泉」「最愛」を醸造する
愛知県蟹江にある酒蔵は、
伊吹おろしと木曽川伏流水
豊かな風土と豊富な原料米の調和が織り成す
深みある香りと上品な旨みが特徴の日本酒
酔泉と最愛を醸造しています。

Yamada Shuzo Foundation in 1871

A sake brand "suisen" "saiai" is produced.The sake cellar in Kanie Aichi .
The dislodging of Ibuki and Kiso-gawa subsoil water.
The harmony of the rich raw material rice interweaves with the abundant climate.
The fragrance which deepens and has that and the elegant flavor.

時を充たす。
酒を満たす。

歴史の中で育まれた製法
じっくり手間隙をかけた旨酒の味
時を越え酒に酔いしれる時間を
ご堪能ください。

品質の探求
Search of the quality

品質

酒造りに適した水・米・風土に
伝統を受け継ぐ「山卸廃止酛」で醸造。
濃醇で骨太なキレのある味わい、
山田酒造の味の根拠はここにあります。

銘柄「醉泉」「最愛」は伝統製法で濃醇で骨太なキレのある味わい

山廃仕込みの日本酒は速醸酛造りのものと比べ、酵母を繁殖させるために時間がかかります。これによって自然の摂理によって選別されたより強い酵母菌によって発酵を行うことが可能になります。その結果、豊富なアミノ酸によって深い旨味とコシのある味わいの酒が出来上がるのです。また乳酸による酸味でキレのある味わいに仕上がります。

もっと見る<More>

酒蔵の歴史
History in a sake atelier

酒蔵

明治四年創業、一四七年の長い歴史をもつ酒蔵。
昔から受け継がれる山卸廃止酛は、
じっくり手間隙をかける
現代の酒造りでも変わることのない伝統の製法。

伝統の製法を現代の技術革新を経て受け継ぐ「山卸廃止酛」製法

自然界に存在する乳酸菌を取り込むために米や米麹を擂り潰し、溶かして、乳酸菌が発生しやすい環境を作ってじっと待つ生酛造り(山卸作業)は、蔵人にとって非常に重労働でした。現代では技術革新が進み、米をわざわざ擂り潰さなくても、材料の投入順序を変えることで、山卸の作業を省いても、変わらない「生酛」の味わいを造り出すことができるようになり、これを「山卸廃止酛」といい、昔ながらの味を守る製法です。

もっと見る<More>

厳選の銘柄
Gem of careful selection

銘柄

時を充たす。
酒を満たす。
それは、
心を満たす。

「醉泉」
低温発酵で丁寧に仕上げたお酒。山田錦50%精白。香りより上品な味を重視。
"suisen" The liquor completed politely by cold fermentation. Yamada brocade 50% polish. The taste more elegant than the fragrance is emphasized.

「最愛」
愛知県産酒造好適米「若水」60%精白。米の旨みを上手に引き出した逸品。
"saiai" A sake brewing suitable rice "wakamizu" 60% polish made in Aichi-ken. The gem out of which I got the charm of the rice well.

「醉泉」山卸廃
上精白でこだわりの酒造りで仕上げた、燗でよし、冷やでよしの逸品。
The gem which gives up by the warmed & cold sake and is a stop. sake completed by particular sake.
brewing by the special polish,

銘柄一覧<More>